あなたの主人は誰 ローマ 6:15-23

司会者の方にローマの信徒への手紙6章15節から23節を読んでいただきました。この御言葉を聴いてどんな感じがしたでしょうか。厳しいなと感じたでしょうか。恵みによって救われると聞いてほっとしたのに急に罪を犯してはならないと言われて違和感を覚えたでしょうか。最初に抑えなければならないのは、この個所は救いについて語られているのではないということです。この言葉を聴く人はすでに救われた人たちです。17節の「しかし、神に感謝します。あなたがたは、かつては罪の奴隷でしたが、今は伝えられた教えの規範を受け入れ、それに心から従うようになり、罪から解放され、義に仕えるようになりました」という言葉からそのことが分かります。ですから、罪を犯さない生活をして、その結果として救われる、神様と和解できると言っているのではありません。そうではなく、すでに恵みによって罪をゆるされた人が心掛けるべき生活、生活態度について語られています。そして、この章の1節が「では、どういう事になるのか。恵みが増すようにと、罪の中にとどまるべきだろうか」と始まるのに対して、15節からは「では、どうなのか。私たちは、律法のもとではなく恵みのもとにいるのだから、罪を犯してよいという事でしょうか」とはじまります。「罪の中にとどまる」と「罪を犯す」の違いがあります。罪の中にとどまるとはずっととどまる、そこが居場所、いわば罪の中が自分の家ということです。自分を励まし、慰め、その他すべて生きるにあたって自分を中心にして物事を見、判断し、決断するありかたです。私たちは、すでにそのようなところから贖い出されたことを先週学びました。バプテスマがそのことを表しているのでしたね。ここでは、「罪を犯す」です。神と関わりなく生きるというところが自分の本拠地という事ではすでにないけれども、普通のこととして神と関わりなく生きること、それを不思議に思わないことは変なのではないかと問いかけているのです。そして、確かにそれは変だ、決してそのようなことであるべきではないというのがパウロの言いたいことです。つまり、ここで私たちは、生活の在り方が問われています。クリスチャン生活には、中間がないということです。イエスの愛を知ったなら、ほどほどクリスチャン生活をすればいいとか、日曜日だけクリスチャンでいればいいというようなことは思えなくなるはずだという事です。。16節の言葉で言えば、罪に仕えるか、神に仕えるかのどちらかだというのです。ここで奴隷という言葉が使われています。私たちは、奴隷というとすぐにアフリカから無理やり連れてこられて、ひどい環境の下で労働させられて、死んでしまってもちっとも惜しまれない、そんな奴隷のイメージが浮かびます。しかし、聖書の時代は、確かに戦争捕虜として奴隷になった人は悲惨な目に合わされましたけれどもそうでない奴隷がたくさんいたのです。例えばルカは奴隷です。彼は医者でしたが、医者はほとんどが奴隷だったといいます。僕として家族の中に位置づけられて、でも主人がいて、その主人の言葉や命令に忠実に従う、そのような奴隷がいました。まず、罪に仕える奴隷とはどのようなことでしょうか。罪をご主人さまとすることです。罪に保護を期待することです。つまり、こういう事です。むかつくことがありました。そのことを神様に申し上げることはありません。友達にラインでどんなにひどいことがあったかを伝えて、一緒にむかつくよねと言ってもらうことで何となくすっきりします。悲しいことがありました。自分が何でこんな目に合わなければならないのだと悲嘆にくれます。気分転換に大買い物をします。人と見比べてなんだか自分は見劣りするように見えます。そのことを覆うために、あるいはそのことに自分で気づかないために高価な服に身を包み、どこかで自分もなかなかなものだと感じます。これらは、それほど罪のないものかもしれません。しかし、寂しさを紛らわすためによからぬ場所に出入りし、悔しさを何とかするために陰口を言い、自分はそれなりなのだと納得するために人を引き下げ、軽蔑するならどうでしょうか。まだそれほどでもないでしょうか。しかし、この道の先はとどまるところを知らず、本当に自分を汚し、サタンを喜ばせ、そして神様を悲しませることになるのです。そのことを、21節で「あなた方の行きつくところは、死にほかならない」と言うのです。今の現場はそれほどでもないと思われるかもしれない。しかし、その道には先がある。行きつくところがある。深い底があるというのです。罪の奴隷となるとき、それは、まさに先ほど言いました戦争捕虜になって、人格を否定されて、滅びに向かっていくような人生の在り方です。大金持ちの罪の僕、教養に満ちた罪の僕、尊敬を集めている罪の僕もいます。このことは、社会的な評価や価値と関係のないことです。イエス様は、「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の身を滅ぼしたり失ったりしては、何の得があろう」とおっしゃいました。罪の僕として生きることは、全世界を手に入れたとしても自分を失う、つまりすべてを失ってしまう生き方にほかなりません。一方、神様の僕として生きる、神様をご主人さまとするとはどのようなことでしょうか。罪に期待するのではなく神様に期待する生き方です。むかつくことがあります。そのとき、キリスト者の友達にどんな気持ちなのかを聴いてもらうかもしれません。しかし、それは二人でむかつく、むかつくといって盛り上がるためではありません。自分の気持ちをありのままに見つめ、それを神様に申し上げ、神の慰めと平安を求めるためです。ですから、キリストにある友のお話を聞く時には祈りが必要です。あなたはキリストに用いられようとしているのですから。何でこんなことを経験しなければならないのだろうということもあります。混乱します。怒りもします。そのままの姿で神様に行きます。祈ります。教会にも祈ってほしいと伝えるでしょう。御言葉を求めるでしょう。ぴったりくる御言葉を与えられるかもしれない。でも、たとえそうでなくても神様が今の自分を知ってくださっていることに慰めを得ます。自分がなんだか小さく、つまらなく、価値がないように感じることがあるかもしれません。でも、神様は自分を高価で貴いものとしてユニークに造ってくださった。だから私は誰にも比べることができない。交換できる製品ではなく、交換することのできない作品だと聖書は伝えている。神様に仕える生き方は、神様の僕の在り方は神様の言葉を宣言する生き方です。聖書がキリスト者にこのようにしようではないか。このようにしなさい、と言っているとき、何を思いますか。そのように励まされているということは、なかなかそのようにできないものだということです。罪を犯さないで生きることはできないということです。キリスト者の生活は、罪を犯さない生活ではありません。罪を犯し続ける。行いにおいてもそうでしょう。でも、その行いを生み出す神様を除外した思いや見方があっても私は神様のもの。神様は私の主人と宣言し続けるところにキリスト者の在り方があります。その心構えが問われています。私たちは、罪を主人として仕えることから解放されました。罪に慰められるしかない、罪に温めてもらうしかない生き方から解放されました。解放されてどうしたのでしょうか。神様のものとされました。そして、神様は私のものとなりました。その神様を主として生きてまいりましょう。「恋しいあの人は私のもの 私は恋しいあの人のもの」。先週もこの聖句に触れました。男女の愛がうたわれた旧約聖書の雅歌の6章3節です。私の左手の指にある指輪、これはイスラエルで買ってきたものですが、この御言葉の一部が刻まれています。直接的には男女の愛がうたわれていますが、キリストとの関係が暗示されています。キリストは私のもの、私はキリストのもの。このキリストを主としてまいりましょう。

print
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0