人生収穫の原則(1) マタイ 13:1-9,18-23

あなたは、人生を豊かなものにしたいでしょうか。誰もがそう思うでしょう。でも、その方法を知る人は少ないのです。先月、「狭い門を見出す人は少ない」という話を聞きましたが、人生を豊かにする門を見出し、開く人は少ないのです。マタイの福音書13章でイエス様は四つのたとえ話をお話しされます。いずれも、「天の国」についてのお話しです。天の国というのは、ちょっと世俗的な言葉に言い直すと成功の秘訣です。何が成功なのかということを含めて、イエス様に聞きたいと思います。取り上げるのは、「種まきのたとえ」と呼ばれるたとえ話です。子どもでも分かる、とても分かりやすいお話しです。具体的で、内容がすぐに目に浮かんでくるお話しです。種をまいた。それらは、色々なところに散らばりました。道端に落ちた種。石だらけで土の少ないところ(土の薄い岩地 口語訳)に落ちた種。茨の間に落ちた種。そして、良い地に落ちた種がありました。道端に落ちた種は、すぐに鳥が食べてしまった。土の薄い岩地に落ちた種は、芽を出すのだが土が浅いので日照りで枯れてしまった。茨の間に落ちた種も芽を出すのだが、茨の方が成長の勢いがあり、覆われてしまって十分育たず、どこにあるのかもわからなくなってしまった。そして、良い土地に落ちた種。これはたくさんの実を結んだ。お百姓さんを喜ばせたとは書いてありませんが、その通りに違いありません。大勢の人たちと弟子たちが聴いていました。後で弟子たちがたとえ話は何を言わんとしているのかを訪ねた。それが18節からのところです。種は何を表しているかというと御国の言葉だと解き明かしてくださいました。御国の言葉というのは、要するに神様の言葉、メッセージ、約束です。聖書の言葉とか今皆さんが聞いてておられる言葉、わたしが取り次がせて頂いている神様からのメッセージと言ってもいいでしょう。そして、地は、その種を受けとめるところ、わたしたちの心そのものです。道端の種。すぐに鳥が食べてしまったのでしたね。種の中に命があるのだけれど、そのいのちが芽生える前に失われてしまった。それは、聞いても馬耳東風、右の耳から聞いてもそのまま左の耳から出て行って何の印象も残さない、何の関心も示さない、そういう人のことです。土の薄い岩地。確かに命を受けとめる土があります。そして、御言葉を聴くとすぐに喜んで受け入れるとイエス様は仰います。そこに根を張ろうとするのですが、土が薄くて張ることができない。岩地とは自我とか、今までの考え方、蓄積した経験・・そのようなものでしょうか。「わたしは、こうやってきた」、「世の中では、こう考えられている」と自分で獲得した自分の常識や世の常識の殻を破って神様の言葉、教えが根を張ることがありません。日が昇ると焼けて枯れてしまったとあります。主は御言葉のために患難や迫害が起こると、すぐに躓いてしまう人だとおっしゃいました。患難や迫害、それは命が危険にさらされるようなレベルのものだけを考える必要はありません。信仰を持ったことを誰かにとがめられたとか、わたしも信仰を持った時、大親友が「信仰だなんていってて大丈夫なの」、会社の先輩が「もちろん仕事優先だよな」と言いました。つまり、ちょっとしたプレッシャーです。家族が反対するかもしれません。よくあるケースで、日曜日に礼拝に行く奥さんを夫の人が良く思いません。イエス様を信じるとそのようなことは起こりがちです。それにめげて止めてしまう。それが土の薄い岩地の心です。やめないまでも、教会に行かないで信じていればいいと自分に言い聞かせたりします。しかし、教会なしの信仰生活というのはあり得ないのです。茨の間に落ちた種はどうでしょう。そこの土は栄養豊かなのでしょう。茨がたくさん茂っています。そして、いばらの方が成長が早いのです。どこかに種が落ち、芽が出たはずなのですがどこにあるのかも良く分かりません。そして、成長も芳しくありません。細く、弱々しい茎にとどまっています。この茨は、世の思い煩いや富の誘惑だとイエス様は教えて下さいました。仕事の心配、病気にならないかとの心配、子どもはちゃんとやっていけるだろうかと心配、そして老後の心配とわたしたちは心配するようなことに取り巻かれて生きています。そして、心配性だなーと思う人がいたりしますが、ご本人はそれに気が付いていないこともよくあります。神様は、心配という茨をはやさないようにしてくださるのではありません。わたしたちが自分で刈り取るのです。どのようにして?フィリピの信徒への手紙4章5節から7節に「主はすぐ近くにおられます。どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなた方の心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」とあります。イエス様は、いつもあなたと共におられるのです。心配事があったら心配に目を注ぎ続けるのではなく、神様にそのことを申し上げ、助けと導きを願い、もう、助けを頂いたのだと感謝を先に捧げてしまいなさい。そうするなら、人知では到底はかり知ることの出来ない神の平安(口語訳)がやってくると約束されています。平安だけではありません。マタイの福音章6章31節、33節から私たちは数か月前に聴きました。「『何を食べようか』『何を飲もうか』『何を着ようか』と言って、思い悩むな。・・あなた方の天の父は、これらのものがみなあなた方に必要なことをご存知である。何よりもまず、神の国と神の義を求めなさい。そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。」信仰とは信頼することであり、もう少し過激な言葉で言えば賭けることです。神様の約束に信頼して賭けてみて下さい。神様が真実であることを知る方法は、それしかないのです。最後によい土地にまかれた種です。良い心に蒔かれた御言葉です。良い土地とはどのような土地か。道端でない地、土の薄い岩地でない地、いばらが生い茂っていない地。聴き流さない心。聖書は何を語っているのだろう、何を伝えているのだろうと聞こうとする心。岩地でない心。誰でも岩地のような心かもしれませんが、神様がその地を砕くことを良しとする心。(聖霊が、信仰の目を開いて、神様があなたの常識を取り扱うのを許すようにしてくださいます。)茨は茂るだろうが、それを刈り取る心。あとからあとから生えてくるだろうが、思い煩いを主に申し上げ、祈り、神の平和を頂こうとする心。そして、イエス様は御言葉を聴いて悟る人とおっしゃいました。悟るというのは、何かひらめきのようなものが来て悟るということもあるでしょうが多くの場合はそうではありません。ちょっと試してみるのです。多くのサプリや化粧品がお試しセットをと進めていますが、神様の言葉をできるところで試してみるのです。それは、主を試みてはならないという聖書の言葉と矛盾しません。朝、「おはよう、神様」と起きてみる。祈ってみる。初めは分からないかもしれないが、少しずつ聖書を読んでみる。まず、月一回でもいいから教会に行ってみる。そのようにするなら聖霊なる神様はあなたを導いてくださり、悟らせてくださる。つまり、本当だ。神様はおられる。神様は、わたしを愛して下さっている。神様は、わたしを導いてくださっている。神様は、わたしの苦しみや悲しみを共にしてくださる。分かって下さる・・と悟る、つまり、神の言葉の真実を経験的に知るようになるのです。そして、この土地。運命的に、生まれながらにある人は土の薄い岩地、ある人はいばらの土地と決定づけられているのではありません。あなたが選ぶのです。あなたが決めるのです。どうぞ、主が良い土地と言われた、聞く耳を持ち、神の言葉に少しずつでも信頼していこうという心を選び、あなたの心としてください。

print
Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0