今週の聖書の言葉

神は真実な方です。あなた方を耐えられないような試練に遭わせることはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。       コリントの信徒への手紙一 10:13

 

このみ言葉は、試練の中にいる人に語る言葉ではなく、自分自身に語る言葉です。試練の中にいる時、まず思い起こすべきは、神は真実な方だという事です。あなたの全てを分かって下さり、寄り添って下さる方。何が起こっているのか、何のために起こっているのかをご存知の方。試練を通り切るまで支えて下さる方です。その時に後ろを振り返り、「ああ、神様は共にいて下さった」と告白することを知っておられる方です。今年のカンヌ映画祭に河瀬直美監督の映画、「光」が出品されています。視力を失って行く写真家と音声ガイドの物語です。写真家は、ついに資力を完全に失ってしまい、絶望のどん底に陥ります。しかし、そこで、それまでお互いに理解し合えなかった写真家と音声ガイドの間に共感、相互理解、そして愛が芽生え始めるというものです。監督は「闇の中に、必ず光が見え始める」という信念からこの映画を作ったと言っていました。私たちの闇の中、その向こう側にも必ず光がある。それが神様の約束です。