今週の聖書の言葉

それで、わたしたちは異邦人へ、彼らは割礼を受けた人々のところに行くことになったのです。     ガラテヤ 2:9b

初代教会において混乱が生じました。ペトロはユダヤ人の伝統を重んじつつキリストを宣べ伝えていました。パウロはユダヤ人の伝統とは離れて異邦人に宣べ伝えていました。どちらが正しい在り方なのかと論争が起こったのです。まだ聖書が完成しておらず、したがって必ずしも聖書を開いて答えを見つけることが出来なかった時代、使徒たちは神様の判断を伝える役割を持っていました。結論は、「どちらも良い」。伝道の在り方や教会のビジョンはワンパターンではありません。それぞれに神様が与えてくださるビジョンがあります。多文化共生、社会的な運動、カウンセリングを通しての伝道などなど。教会の置かれた地域と、集められた人々の特徴によって様々です。お互いに批判し合ったりせず、それぞれが神様に与えられた使命を果たしていくことを喜び合いましょう。